鋳物のまち川口のキューポラ「伝統のものづくり」

鋳物工場の屋根から突き出たキューポラ(溶解炉)は、鋳物工場のシンボル的存在。

場所:川口駅東口公共広場(キュポ・ラ広場)

鋳物工場では鍋、フライパン、皿、コンロ、ストーブ、製麺機、珈琲ミル、急須、テーブル、椅子など私達の身近にある様々な物が作られています。

工場の数は減っていますが、鋳物製品はまだまだ人気がありますね。

こちらの工場の屋根にも、キューポラが見えます!

(株)矢澤工場
ター坊
東京オリンピックの聖火台も、川口の鋳物で作られてるんだって!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です